Warning

このドキュメントは古くなっています。FIXME:サンドボックスについて言及

独自コンテンツのビルドと追加

おそらく、あなたはメタバースをさまよっており、他の人の創造性に触発されたのかもしれません。あるいは、他のどのドメインも、あなたが考えていることの雰囲気に合わないのかもしれません。どんな理由であれ、あなたは自分自身のコンテンツを構築する準備ができているのです。何から始めたらいいのかわからないという方は、ここから始めるといいでしょう。

コンテンツを作成するためのツール

コンテンツセットは、インタラクティブな環境を形成するために連携して機能する多くの異なるエンティティ、モデル、およびスクリプトの単なるコレクションです。 作成 セクションにアクセスして、使用可能なツールの詳細と、環境をより活気のある状態にする方法の例を確認してください。

コンテンツセットを作成するためのテクニック

コンテンツセットの作成は、1つのアイテムではなく、環境全体をデザインすることになるため、複雑になることがあります。例えば、多くの建物や木々、道路で構成される街全体を作るようなものです。アーティストによっては、制作の各段階の進捗を公開したいと思う人もいます。また、最終的に完成するまで、自分の作品を披露するのを待ちたいと思う人もいます。

コンテンツの構築方法と展開方法を選択できます。ドメインに設定されたコンテンツを更新するプロセスは、コンテンツの作成に使用するアプローチによって異なります。詳細については、最適な方法を選択してください。

メソッド

説明

ライブアップデートを行う

コンテンツに変更を加えると、メタバースのドメインにすぐに表示されます。これは、ドメイン内のすべての訪問者が変更が発生したときにそれを確認できることを意味します。

工事中

コンテンツ・セットを構築している間、あなたのドメインは外部からの訪問者に対してオフラインになります。ユーザーは、構築中のドメインにアクセスすることができません。

作成とデプロイ

ここでは、オフライン環境でコンテンツを作成することをお勧めします。完了したら、コンテンツセットを外部ファイルにエクスポートしてから、ドメインにデプロイする必要があります。カスタムコンテンツをデザインしている間、訪問者は任意のプレースホルダーコンテンツを使用してドメインにアクセスし続けることができます。

ライブアップデートの実施

ライブアップデートは、あなたやあなたのドメイン内の他のユーザーがコンテンツに変更を加えたときにいつでも行われます。変更を加えるには、ユーザーが「Rez」パーミッションをオンにしている必要があります。

この方法を取る前に、コンテンツセットを変更したい人(もし誰かいるならば)を決め、 その人のrez権限が正しく設定されている ことを確認します。もし、あなたが変更を行うのであれば、あなたがrez権限を持っていることを確認してください。コンテンツを更新するには、自分のドメインにアクセスして、 ツールの作成 を使って変更を開始するだけです。

サーバーは、ドメイン内のコンテンツを定期的にアーカイブを作成します。ドメイン設定にアクセスして、コンテンツセットのバックアップを表示およびダウンロードします

Note

ヒント:作成したコンテンツを「ロックダウン」して、訪問者にカスタムコンテンツを変更させずに新しいコンテンツを作成できるようにすることができます。たとえば、部屋の壁や床などのカスタムコンテンツをロックダウンして訪問者にカスタムコンテンツを変更させることなく、訪問者はテーブルと椅子など独自のコンテンツを作成ができるようになります。独自のカスタムコンテンツを保護するには、作成したエンティティをロックします。訪問者のアクセス権を設定する際、「ロック/アンロック」設定のアクセス権限は不許可にしてください。ただし、「Rez」へのアクセスは許可してください。これらの設定により、訪問者は、あなたのドメインに独自のコンテンツを作成することはできますが、あなたのドメインのコンテンツセットを変更することができなくなります。

工事中

コンテンツセットを変更する間、一時的にドメインを停止し、停止期間中にユーザーが訪問できないようにすることができます。

これを行うには、自分以外のすべてのユーザー(およびあなたと一緒に作業している他の共同作成者)の「接続」権限を不許可にするだけです。完了したら、「接続」権限を再度許可に変更します。

  1. ドメイン設定を開く。

    • クラウドでホストされているドメインの場合:ブラウザを開き、URL http://<ここにサーバーのIPアドレスを挿入>:40100/settingsを入力します。プロンプトが表示されたらログインします。

    • Windows上のローカルサーバーの場合:システムトレイのVircadiaアイコンをクリックしてから、[設定]をクリックします。

    • Macのローカルサーバーの場合:上部のメニューバーにあるVircadiaアイコンを右クリックし、[設定]をクリックします。

  2. 上部のメニューバーで、 [Settings]>[Security] を選択します。

  3. [標準のアクセス許可]までスクロールします。

  4. アクセス許可グループごとに、すべてのユーザーとグループ(自分自身とコンテンツで作業している他の人を除く)の[接続]アクセス許可のチェックを外します。

  5. [保存]をクリックして、[ドメイン設定]ページを閉じます。

権限を設定したら、ドメインにアクセスし、 作成ツール を使用してコンテンツセットの作成を開始します。ドメインへの訪問者がコンテンツを変更できないように、すべてのコンテンツをロックすることをお勧めします。

Note

サーバーは、ドメイン内のコンテンツを定期的にアーカイブを作成します。ドメイン設定にアクセスして、コンテンツセットのバックアップを表示およびダウンロードします

完了したら、上記の手順に従って、訪問者の接続権限を再度有効にします。これらのユーザーは、サーバーのIPアドレスまたは地名を使用してドメインに再度アクセスできるようになります。

作成とデプロイ

コンテンツセットを構築するための最後の手法は、基本的な開発ワークフローに従います。

  • オフライン環境でのコンテンツ構築

  • (オプション) ビルドとテスト

  • コンテンツセットのファイルへの書き出し

  • エクスポートしたコンテンツセットを自分のドメインにアップロードする

コンテンツの作成中、コンテンツセットを複数のドメインに展開するとき、または展開する前にコンテンツをテストするときにドメインが中断されないようにする場合は、この方法を使用することをお勧めします。

  1. Vircadiaのオープンソース Client + Sandbox ソフトウェアを、ローカルサーバとして動作していないコンピュータにインストールしてください。

  2. ローカルサーバーに接続されていないサンドボックスを開きます。

  3. サンドボックスでコンテンツセットを作成します。

  4. コンテンツをJSON形式にエクスポートします

  5. (オプション)コンテンツセットを最適化するには、コンテンツをベイクします

  6. (ローカルサーバーのみ)ダウンロードしたアーカイブファイルまたはベイクしたJSONをローカルサーバーに転送します。その後、転送したローカルサーバに戻ります。

  7. サーバーのドメイン設定にログインし、 エクスポートまたはベイクしたJSONをドメイン にアップロードしてください。

コンテンツのアップロードが完了すると、ドメインは自動的に新しいカスタムコンテンツで再スタートします。